ゴールデンレトリバーの性格は、優しく聡明、甘えん坊で可愛い!飼うときのメリットとデメリット!値段や寿命についても!

動物や生き物

今回は魅力たっぷりゴルデンレトリバーの、性格や、飼う時のメリットデメリット、

購入時のお値段や、避けては通れない寿命のお話までまとめました。

ゴールデンレトリバーを飼うことを考えている方や、

どの犬種を飼おうか迷っている方の参考になると思いますので、是非ご覧ください!

ゴールデンレトリバー の性格は優しく聡明!

ラブラドールレトリバーや、シベリアンハスキーなどの人気犬をおさえて、

現在、大型犬人気ランキング1位に君臨しているのが

ゴールデンレトリバー」です。

その性格は優しく愛情豊かで、とても人懐っこいです。

そして理解力や洞察力にも長けていて、聡明です。

大型犬には憧れるけど、暴れたり、噛まれたり、

たくさん吠えたらどうしようと不安に思っている方も、

ゴールデンレトリバーならばその心配は、まず不要です。

温厚で優しい性格の犬種ランキングで、1位に選ばれることも多く、

その優しさは多くの飼い主さんが保証済みです。

ゴールデンレトリバー の性格、甘えん坊で可愛い一面も!

ゴールデンレトリバーの性格で、先ず1番に言われるのが「温厚・忠実・愛情」など

優しさを表わすフレーズです。

人に懐きやすいのもそうですが、他の動物や犬に対しても温厚で、

友好的な関係を築くことができます。

精神的には幼い部分もあり、遊びに夢中になる姿や、人懐っこく甘えながら戯れてくる姿は、

人間の子供のようです。

精神的に幼いとは言いましたが、基本的に賢く、

とても育てやすい犬種になります。

また吠えることも少ないので、閑静な住宅街などでも飼いやすいでしょう。

しかしながら吠えることが少ないという点で言うと、番犬には不向きな犬種になります。

次に性格について言われるのが「聡明・学習能力が高い」など

賢さを表わすフレーズです。

盲導犬・介助犬・セラピードッグ・警察犬になるゴールデンレトリバーも多いことが、

そう言われる由縁の一つでしょう。

人と関わることが好きで、物覚えもいいので、

訓練に順応しやすく、とても頼りになります。

そしてゴールデンレトリバーは「寂しがり屋」でもあります。

孤独を感じると大きなストレスを感じてしまいます。

飼い主との距離感は近く、構ってもらおうといつも様子を伺っています。

甘えん坊ですね。

よく柴犬と性格が対照的と言われることがありますが、

飼い主との距離感でいうと、それも一理あるかもしれません。

柴犬は比較的クールな性格で、飼い主との距離は一定距離を保ちます。

対してゴールデンレトリバーは、構って欲しさにぐんぐんと近づき、ジャレ合うのを好みます。

温厚であり寂しがり屋なので、多頭飼いにも向いていると言われていますね。

ゴールデンレトリバーを飼うメリットとデメリット

ゴールデンレトリバーを飼うメリットデメリットについて、ピックアップしていきます。

メリット

・寂しくない!

寂しさを感じる暇がないほど全身で愛情表現をしてくれるので、

落ち込んでいる時などには支えになってくれます。

・運動する習慣ができる!

ゴールデンレトリバーは運動好きです。

一日1〜2回の散歩が必要なため、飼い主も必然的に運動できます。

・社交的になる!

散歩中やドッグランなどに出掛けた時に、他の犬に吠えるなどもなく人懐っこいため、

他の飼い主さんと仲良くなるきっかけになります。

引きこもりがちな方も外にでざるを得ません。

デメリット

・お金がかかる

大型犬なので、小型犬や中型犬などに比べると、餌台にお金がかかります。

お医者さんにかかる時も、その治療費や薬代などは体重によって増減するため、

やはり比較的費用が嵩みます。

・体力が必要、負傷することもあり得る

しつけによっても変わってきますが、幼い子供のような性格なので、

遊び相手になる体力が必要です。

また、大型犬なので、天真爛漫さが暴走すると手に負えず、

飼い主が負傷してしまうなどのケースもあります。

・旅行に行きにくい

旅行中はペットホテルを利用するなどの手段もありますが、

寂しがり屋という性格からストレスに感じてしまう子もいます。

飼い主側は、長い外出は避けようという考え方になっていく方も多いです。

いずれにしても子犬の頃からのしつけが大切になります。

人懐っこく優しく甘えん坊な性格も、しつけによっては、

単にわがままになったり、遊びの限度がわからず、思わぬ事故や、

飼い主のケガにつながったりする場合があります。

逆にデメリットとしている「体力が必要・負傷することもあり得る」という点は

しつけによって、事前に対策することができます。

ゴールデンレトリバーの値段は?

ゴールデンレトリバーを購入する際の値段は、

購入先や、年齢などによって大きく幅があります。

一番高いものはショータイプのゴールデンレトリバーです。

両親からチャンピオンの血を受け継いでいる等となると、

その値段は50万円を簡単に超えていきます。

同じく高値となるのが、白い毛並みが特徴的な英国系ゴールデンレトリバーです。

(現在日本国内でよく見かける、金茶色の毛並みをしているのはアメリカ系になります)

日本のペットショップではほとんど取り扱っておらず、

購入の際は専門のブリーダーからの購入になります。

希少価値が高いのでこちらも相場は50万円以上となっています。

そしてペットショップで購入するとなっても、

年齢の若いゴールデンレトリバーの方が高い傾向です。

やはり小さい時から育てて、成長過程を共に過ごしたいという方が多く、

需要が高いので、そのような設定になってしまいます。

ペットショップでは10万〜15万ほどで取り扱われていることが多いです。

そしてペットショップやブリーダー以外に一つ検討するべきなのが「保護犬」です。

大型犬のゴールデンレトリバーは、「いざ飼ってみると大変だった」と

手放されてしまうことも少ない話ではありません。

ネットでも「ゴールデンレトリバー 保護犬」などと調べると、

里親募集をしているサイトにたどり着くことができますので、是非お試しください。

ゴールデンレトリバーの寿命は?

ゴールデンレトリバーは大型犬なので、小型犬よりも平均寿命は短くなってしまいます。

ずばり平均寿命は10〜14歳です。

ただし悪性腫瘍を発生しやすい犬種のため、

それが原因で10歳前後で亡くなってしまうことも珍しくはありません。

大型犬に多い骨肉腫・組織球肉腫などにかかってしまうこともあるため、

注意が必要です。

定期的に健康診断を行い、早期発見となるよう務めることが大切です。

そして運動をしっかりさせてあげることです。

毎日の散歩もそうですが、定期的に思いっきり走り回れるようなドッグランなど

行きましょう。

そうすることでストレスをため込まない体づくりができます。

ちなみに、20年以上も生きているゴールデンレトリバーがアメリカテネシー州に暮らしています。

まとめ

ゴールデンレトリバーは人懐っこく、

愛情を与えてくれる一面を持ちつつ、

寂しがり屋だったり、病気を患いやすかったりデリケートな一面も持ち合わせます。

しかし、基本的には様々な犬種の中でも特に飼いやすく、

人気のある犬種です。

飼う時には、是非!こちらも全身全霊でを注いであげましょう。

タイトルとURLをコピーしました