ロレックスの時計、愛用芸能人やレディース・メンズ人気デザイン、価格・値段、中古品、電池交換・修理について!!!!

ファッション

 

 ロレックスは世界中を見渡しても知名度という点ではこれ以上にないほどに有名なブランド腕時計ですよね。

 印象的な王冠マークのデザイン、高級で高額、ラグジュアリー感のある一方で秒針まで見やすい文字盤や機能的、タフで正確に時を刻む実用性、流行に左右されないデザインはどれをとっても申し分のない王冠マークにふさわしく、

不動の人気と言えるでしょう。

 

 愛用している有名人も多く、レディース人気モデルや男性の人気モデル、価格や中古品の値段、修理のメンテナンスについても見ていきましょう。

 

【ロレックス、愛用芸能人は?】

(男性芸能人)

  • 木村拓哉さん
  • 松本人志さん
  • EXILEのTAKAHIROさん
  • 市川海老蔵さん
  • 梅沢富美男さん
  • 小栗旬さん

など。」

 

(女性芸能人)

  • 松嶋菜々子さん
  • 宇多田ヒカルさん
  • 深田恭子さん
  • ビクトリア・ベッカムさん
  • aikoさん
  • 安藤美姫さん

など。

各界の有名人、著名人にたくさんいらっしゃいますね!!

【ロレックスの時計、レディース人気デザインは?】

 

 ロレックスはレディース時計の中でもカルティエと人気を二分する大人気のブランドですが、女性向けの時計のイメージが思い浮かばない方もいらっしゃいます。オススメの人気デザインを紹介します!

 ●デイトジャスト

 「午前0時に日付が切り替わること」に由来する、永く使える時計です。

 文字盤の直径が小さいもので28mmになります。文字盤を囲むようなギザギザの「ベゼル」部分は、動きに合わせて手元がキラキラと光ります。

 手首を返した時のつなぎ目がわかりにくいブレスレット部はまるでジュエリーのような華やかな印象にもなります。文字盤のカラー展開は豊富です。

 男性もあり男女お揃いでもオススメですね!

  • オイスターパーペチュアル

 文字盤が直径26mmの小ぶりのサイズも展開しています。オールステンレスの素材にシンプルでスタンダードなデザイン。「ベゼル」部はプレーンで、華美な装飾感はなく、飽きのこないデザインも魅力の一つです。

  • カメレオン

 1950~60年に生産されたビンテージ品です。その名の通りベルトの付け替ええによって様々な表情を見せてくれます。文字盤も15mmと小さくミニサイズの可愛さは腕時計ファンに人気なのだそうです。

  

【ロレックスの時計、メンズ人気デザインは?】

 

  • デイトナ

 1963年登場の非常に歴史の長いモデルで、ロレックス唯一のクロノグラフ(ストップウォッチ機能がついている)が特徴。アメリカで有名な「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」というサーキットの名前に由来しています!

 KING OF ROLEXとも言われておりダントツで人気のモデルとなっています!!

  • エクスプローラー

探検家の意味に由来して開発され、シンプルさが特徴です。文字盤にはカレンダー窓すらありません。直径39mmと大きすぎないサイズもTPOを選ばず身につけられます。

  • GMTマスター

「グローバルに活躍する時計」とも言われ、文字盤周囲の「ベゼル」部に数字が刻まれており、2つの異なるタイムゾーンを表示できるよう設計されています。世界中を飛び回るパイロット向けにデザインされたそうです。

機能性を重視した関連モデルにはサブマリーナ 、シードゥエラーなどもあります。

  

【ロレックスの時計、価格・値段は?中古品の価格・値段は?】

 

 高額なロレックスの腕時計。中古品で賢くて手に入れたいですよね。

 価格は20万円代からありますよ!

 ロレックスの中古品は中古品専門店・質屋・ヤフオク・メルカリなどのネットフリマを通じて購入することが可能です。

 

 もちろん、値段はモデルや型番によってまちまちですが、レディースのデイトジャスト 28 Ref.27914シルバーダイヤルバーインデックス 定価¥820,600であれば、3つ前の型番だと\300,000前後で手に入ることもあります。

 ロレックスは2020年に定価が1〜5%値上がりしたこともあり、世界的な流通市場もあるので、中古市場が熱くなっており需要が高まっています。

  

  売却する場合も、モデルによって高騰していることもあり、その価値は推移変動しています。数あるブランド時計の中でも資産価値の高い腕時計と言えるでしょう。

  

  

【ロレックスの時計、電池交換や修理はどこで?】

 

 ロレックスのような高級腕時計は寿命を長く保つためにも『オーバーホール』というメンテナンスも欠かせません。

 

 『オーバーホール』とは、部品単位の分解・清掃・組立てをして新品の状態に戻す定期点検のようなもの。修理に関しても部品の在庫期間が長く対応の環境が整っています。

 

 オーバーホール修理の目安金額は、

 <ロレックス本店、正規販売店>45,000〜80,000円。

 <街の時計修理専門店>30,000〜60,000円

部品がないと15万円くらいになることも!?

 

 正規販売店の方が一概に高いと言えず、モデルや部品の在庫状況次第です。その他の修理内容に関しても、実際には正規販売店と修理専門店の両方に見積もりをとって依頼する方がベターです。

 

 ロレックスの時計はほとんどがゼンマイで駆動しているので電池交換は必要ありません。3〜5年に1度のオーバーホール、定期メンテナンスを推奨しています。

 

 高級腕時計の電池交換が必要なモデルの場合は街の修理専門店にて\3,000円程度でできますよ。

<まとめ>

 

 最近では腕時計をつけない人も多くなってきましたが、アクセサリーとしても価値の高い高級腕時計はホテルでの食事、仕事での出張などのビジネスシーン、ハレの日には身にいつかは身に着けたい憧れのアイテムですね!

 

 単なる腕時計ではなくステータスとして所有している人も多いロレックス。値崩れもしにくく、身につける資産とも言えるでしょう。 

 

 自分をワンランク上に見せてくれて、また身につけるだけで贅沢な気持ちになれるロレックスはまさに王冠のような特別な時計ですね!!

タイトルとURLをコピーしました