電卓の使い方、アプリの紹介!パーセント、掛け算、割り算、乗数の出し方!!遊びの紹介も!!これで買い物がスムーズに!

生活

電卓はとても身近なもの。

スマートフォンにも電卓アプリが入っていて、ちょっと計算したいときには、とても便利です。

ただ、あまり使いこなせては、いないのではないでしょうか。

電卓アプリの便利な使い方や、パーセントや乗数の出し方、掛け算や割り算の便利な計算方法を紹介します!

電卓が使いこなせれば、買い物もママ友とのランチも、もっともっとスムーズになりますよ!

シャープとカシオの電卓の違いや、電卓の楽しみ方もみていきましょう!!

電卓の使い方、アプリの紹介!

最近は、電卓はスマートフォンで、という人も多いのではないでしょうか。

仕事の場面では単独の電卓が必要ですが、日常生活でちょこちょこ使うのには、スマホアプリで十分な場合がほとんどです。

電卓アプリの便利な使い方を紹介します。

iPhone、androidとも、標準で計算機アプリが入っています。

もちろん高機能なものではありませんが、スマートフォンならではの便利な機能があります。

・入力間違いはスワイプで!

間違って入力してしまった場合、クリアボタンで全てを消していませんか?

スマホアプリの場合、右から左もしくは左から右のスワイプで、最後に入力した数字を消すことができます。

そのため、簡単に修正することができます。

・関数電卓に早変わり!

普通は簡単な電卓ですが、スマートフォンを横にすると関数電卓になります。

Androidの場合は、右側の緑色の部分を、右から左へスワイプしても変わります。

一般的な電卓では、普通の電卓か関数電卓かのどちらか一つですが、スマホアプリでは両方が使えます。

√(ルート)の計算や、サイン、コサイン、タンジェントなどの三角関数の計算もできます。

・計算結果をコピペ!

計算した結果を、他の計算やアプリで使いたい時があります。

そんな時は、出た数字を長押しすると、コピーすることができます。

その後、使いたいところにペーストするだけ。

メモをしたり、覚えておくことなく、計算の結果を使えます。

・アプリを閉じても計算結果がコピーできる!

アプリを閉じた後、計算結果をメモしておけば良かった、と思ったことはありませんか。

アプリを閉じた後でも、iPhoneの場合、コントロールセンターのアイコンを長押しすることで、最後の計算結果をコピーすることができます。

標準アプリの他にも、多くの無料、有料の電卓アプリがあります。

高機能なものや、スマホならではの履歴を全て見ることができるものなど、様々あります。

標準アプリで物足りない場合は、他のものも探してみるといいでしょう。

電卓の使い方、パーセントや乗数の出し方!!これで、お買い物がスムーズに!

電卓を日常生活で使うのは、お買い物の場面が多いのではないでしょうか。

お買い物では、「税込み金額を知りたい。」「○○%オフはいくら?」など、パーセントを使った金額が多く出てきます。

パーセントを使った、お買い物に便利な電卓の使い方を紹介します。

パーセントの計算は、切りの良い数字でないと、なかなか暗算では難しいものです。

もちろん、電卓では簡単に計算することができます。

まず、税込み金額を知る方法を見てみましょう。

例)定価100円商品の税込み(8%)金額

計算式では、 100 × 1.08 = 108(円) です。

電卓では、  100 + 8%  = 108(円) で計算することができます。

100円に税率8%分を足すので、とても分かりやすいですね。

もっと難しい数字では、より簡単さが分かります。

定価1,780円商品の税込み(10%)の場合、

 1,780 + 10% = 1,958(円) です。

次に、割引後の金額を知る方法を見てみましょう。

例)1000円の商品が20%オフのときの金額

計算式では、 定価 × (100%-割引%)÷ 100 = 販売金額

1000 × (100 - 20) ÷ 100 = 800(円)です。

電卓では、カシオとカシオ以外の電卓とでは、計算の方法が違います。

カシオ    1000 × 20% -(マイナス) = 800(円)

カシオ以外  1000 - 20%       = 800(円)

カシオの方が、少し複雑な操作になります。

こちらも難しい数字で見てみましょう。

定価1,780円商品の35%オフの金額の場合

カシオ以外  1,780 - 35% = 1,157(円)

パーセントの計算以外にも、様々な計算ができます。

乗数の計算も、普通の電卓ですることができます。

例えば、5の4乗(5⁴)は、

 5 × × = = = 625 と計算でき、答えは 625 になります。

2の8乗(2⁸)を電卓で計算すると、 

 2 × × = = = = = = = 256  となります。

Aのn乗(Aⁿ)の場合は、 A、×、×、=をn-1回の順番に入力すると計算ができます。

電卓の中には、数字の後の[×]が、1回で良いものと、2回のものがあるので、使っている電卓で試してみて下さい。

電卓の使い方、掛け算、割り算はこうしよう!ママ友との割り勘にお役立ち。

created by Rinker
¥5,591 (2021/07/30 00:54:02時点 楽天市場調べ-詳細)

次は、電卓を使って、掛け算や割り算を使った計算を、簡単にする方法です。

掛け算は、2×3=6のように、[×]を使います。

割り算は、6÷3=2のように、[÷]を使います。

このように掛け算や割り算だけの時は、それぞれ数字と[×][÷]を使って計算します。

そこに、足し算や引き算が入ってくると、計算が複雑になってきます。

例えば、ママ友5人でランチに行き、食事分が5人で4750円、デザートが1人300円、飲み物が1人250円だったとき、割り勘するといくらになるでしょうか。

計算すると、

食事代4,750円 + デザート代300円×5 + 飲み物代250円×5 を5人で割る

ことになります。

このように、足し算や掛け算、割り算が混ざった計算では、それぞれの計算結果をメモしなければなりません。

面倒ですね。

そこで、電卓のメモリー機能がとても役立ちます。

この場合、

4,750 [M+] 300×5 [M+] 250×5 [M+][MR] 

計算の結果、7,500円と出ます。

この7,500円が合計金額なので、これを5人で割った1,500円が1人分の金額です。 

[M]はMemoryのMです。

[M+]は、計算で出た数を、メモリーの数に足すという意味。

[M-]は、計算で出た数を、メモリーの数から引くという意味です。

[MR]は、メモリーの数を呼び出し、[MC]は、メモリーの数をリセットします。

電卓によっては、[MRC]となっているものもありますが、1回押すと[MR]になり、2回押すと[MC]としてリセットしてくれます。

割り勘以外にも、買い物の際に、大根1本と長ネギ2本とジャガイモ5個で何円?といった計算にも役立ちます。

電卓のメモリーボタンを見てはいても、使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。

とても便利な機能なので、ぜひ使ってみましょう。

電卓はやっぱり、スマホと別に単独で持ちたいなら、カシオかシャープ!使い方の違い。

電卓と言えば、やはりカシオとシャープです。

カシオは、最近では腕時計のイメージが強いですが、もとは電卓メインのメーカーです。

昔は、電卓と言えばカシオ!でした。

その電卓の性能への信頼は、もちろん今でも健在です。

カシオの特徴は、ラインナップが豊富なこと。

様々なものの中から選べます。

もう一方のシャープは、家電一般を幅広く扱うメーカーですが、とても高い機能性を持った電卓が多くあります。

手ごろな価格でも高性能で、仕事用や関数電卓などの、高機能なものにも定評があります。

明るくすっきりとしたデザインも多く、見た目にもこだわりたい、という人にもおすすめです。

様々な電卓ランキングでも、この2社が圧倒しています。

シェアも、2社で80%です。

電卓は、何を求めるかをしっかり考えてから買うことが大切です。

カシオとシャープなら、どんなものも揃っているので、必ず希望の電卓が手に入ります。

さて、カシオとシャープに、使い方の違いはあるのでしょうか。

配置の違いなどはありますが、使い方としては、次の2つが大きく違う点です。

1つ目は、定数計算の操作の方法です。

定数計算とは、同じ数を足したり引いたり、掛けたり割ったりする計算のことです。

日常生活で使う事はあまりありませんが、仕事で使うという人は多くいます。

もう一つは、パーセントを使った割増し、割引きの計算方法です。

カシオ以外のメーカーでは、100円の5%割り増しは、

100 +5% = 105 (円) で計算できます。

一方のカシオでは、同様の計算だと売値が出ます。

例えば、販売の手数料が10%かかり、手元には1800円残って欲しいときの売値はいくら?と言う場合に、カシオだと簡単に計算することできます。

1800 +10% = 2000 (円)  販売価格は2,000円です。

使い方に多少の違いはありますが、慣れてしまえば、カシオもシャープも大きな違いはありません。

配置や見た目、触り心地から選んでも問題なく使えます。

電卓で遊べるって知ってた?子どもと遊ぼう、電卓遊び。

電卓は、意外と遊べます。

電卓に触るのが好きな子どもは、かなり多いのではないでしょうか。

きっと、電卓の数の魔法にかかって、楽しんでくれること間違いなしです!

・誕生日あてゲーム

例)西暦2010年5月8日生まれ(20100508)

① 生まれた年(西暦) × 250                 2010×250=502500

② ①の数 × 80                              502500×80=40200000

③ ②の数 + 誕生日の月日 + 誕生日の月日  40200000+508+508=40201016

④ ③の数 ÷ 2                              40201016÷2=20100508

小さい子どもには、誕生日の月日あてもあります。

  •  誕生月 × 4                             5×4=20
  •  ①の数 + 9                             20+9=29                                              
  •  ②の数 × 25                           29×25=725
  •  ③の数 + 誕生日                         725+8=733
  •  ④の数 - 225                         733-225=508

・カレンダーの日にちあてゲーム (例 7,14,21)

子供にカレンダーを見せて、縦に並んだ3つの数字を選んでもらいます。

電卓を渡し、3つの数字を足します。(7+14+21=42)

その数字を3で割ります。(42÷3=14)

答えは、選んだ真ん中の数になります。(14)

それぞれ-7と、+7をすると全ての数が分かります。(7)(21)

・選んだ数字が分かっちゃう!

12345679(8だけ除く)に好きな数字を掛けます。

そこに9を掛けると、選んだ数字が9桁で出てきます。

例)12,345,679 × 7 × 9 = 777,777,777

・電話番号あてゲーム

例)090-XXXX(1234)-YYYYY(6789) (下8桁がわかる!)

① XXXX × 250                      1234×250=308500

② ①の数 × 80                      308500×80=24680000

③ ②の数 + YYYY + YYYY          24680000+6789+6789=24693578

④ ③の数 ÷ 2                      24693578÷2=12346789

子供も大人もびっくりします。

子供に、自分で数字を打ち込んでもらったり、当たった数字をパッと出して驚かすなど、様々な方法で遊んでみて下さい。

まとめ

身近だからこそ、電卓の使い方を覚えよう、と思ったことがない人が多いのではないでしょうか。

それはとても、もったいないことです。

便利な使い方や、遊び方が電卓にはあります。

スマートフォンでも使え、ますます身近になった電卓を、しっかり使いこなしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました