東京オリンピック会場やセーリング会場、日程・セーリングオリンピック選手について

お出かけ情報

この記事では、東京オリンピック会場はどこ?セーリングオリンピック会場は?セーリングオリンピック日時は?

「セーリングオリンピック選手 吉田愛選手について」と「セーリングオリンピック選手 吉岡 美帆選手について」

ご紹介します!

2021年、4月25日現在

新型コロナ感染症拡大に伴い3回目の緊急事態宣言が発令されています。

東京オリンピックが開催されるかどうかIOCの発言が気になるところです。

現状でいけば恐らく海外からの観客は入れないで開催される可能性がありそうです。

開催されるとすればせっかく東京である大イベント。

生の競技を見に行きたいものです。

というわけで今回はセーリング競技について取り上げていきたいと思います。

東京オリンピック会場はどこ?

東京オリンピック会場は東京のみにとどまらず、千葉県、埼玉県等、複数の県に跨って開催される見込みのようです。

いろんな競技をみるとなるとプチ旅行の気分で楽しめますね。

セーリングオリンピック会場は、江の島!!!!!!

セーリング会場は神奈川県にある江ノ島です。

神奈川県の江ノ島と言えば、1964年に開催された東京オリンピックでも使用された場所です。

2回続けて大会に使用されるなんてすごいですよね。

世界中から、プロのセーリングオリンピック選手が神奈川県藤沢市の江の島に

集結するなんて感慨無量です(*’▽’)

写真は、湘南台文化センター子ども館で撮影したものです。そこでは、動画でもセーリングの説明があり、子どもたちも興味をもったようです(*’▽’)

忠2長女は、なんと、会場のボランティア活動をするといってはりきっておりますWWW

セーリングオリンピック日時は?

セーリングの日時は7月25日から開始の予定です。

8月4日までの11日間でメダルの争奪戦が繰り広げられるみたいですね。

オリンピックの開会式が23日なので、セーリングもすぐに見ることが出来ます。

ここでセーリング競技がよく分からないというあなたに簡単に説明します。

オリンピックでの歴史は古くなんと第2回大会から競技として実施されています。

風や波を利用してヨットで海上のコースを周る競技です。

見どころとしては、全員で一斉にスタートし、

最初のマークへの一番乗りを巡る争いが心を熱くします。

セーリングオリンピック選手 吉田愛選手について

吉田 愛選手

生年月日        1980年11月5日

身長体重        161cm/58kg

出身地            神奈川県

出場予定種目    セーリング女子470級

主な戦績        08年北京五輪と12年ロンドン五輪で14位、16年リオデジャネイロ五輪5位、

                18年ジャカルタ・アジア大会優勝、同年世界選手権金

五輪代表歴        北京五輪、ロンドン五輪、リオ五輪

吉田選手といえばザ・セーリングと言っても過言ではない頼れるベテラン選手ですよね。

吉岡選手と組む470級でも吉田選手のポジションはスキッパー。いわゆる舵取役です。

オリンピックが東京で4回目。

最高の結果を残して欲しいと願うばかりです。

セーリングオリンピック選手 吉岡 美帆選手について

吉岡 美帆選手

生年月日        1990年8月27日

身長体重        177cm/70kg

出身地            広島県

出場予定種目    セーリング女子470級

主な戦績        470級で16年リオ五輪5位、18年ジャカルタ・アジア大会優勝、

                同年世界選手権金

五輪代表歴        リオ五輪

オリンピックの選手に選ばれていますが、意外に大学生最後の大会で望んだ結果が出なかったため、

卒業後に競技を辞めるつもりだったようです。

ただそこからヨットの試乗会で感銘を受け、

また良いタイミングで吉田選手に声を掛けられたことにより、

奮起しました。

吉岡選手も吉田選手(当時既に北京、ロンドンの大会に出場経験あり)に誘われて

オリンピックを目指そうと思って、本当にオリンピアになるってすごいですよね。

東京オリンピック、セーリングの会場、江ノ島は

吉田選手、吉岡選手ペアの練習の本拠地。

実力が拮抗した状態の時に会場が普段練習している場所というのは

とても大きな利点です。

吉田選手、吉岡選手ペアは金メダルを

とれるでしょうか?

まとめ

東京オリンピックは、世界的に注目される大競技会!!!!!

そこに向かって懸命に頑張って練習を重ねている選手たち、

人それぞれにドラマのようなストーリーが詰まっていることでしょう。

精一杯、応援することによって、励まされることでしょう!!!

がんばれ、日本!!!!!!

タイトルとURLをコピーしました