※本ページはプロモーションを含みます。

指のサイズ測るやつは、100均に売ってる?売ってる場所は?リングゲージの使い方、代用品、平均的な指の太さ、指輪の似合う指になる方法をご紹介!

ファッション

「気に入った指輪をみつけたけどなんだか似合わない」「指輪をプレゼントしたいけどサイズがわからなくて買えない」という人、いますよね。

そんなときには『リングゲージ』がとても便利です。

さまざまなサイズの輪っか(リング)が連なったリングゲージは、はめることで自分の指のサイズをその場で知ることができます。

自分で指輪を買うときも、誰かにプレゼントをするときにも指輪はサイズをしっかりと測ってからじゃないと、サイズが合わなくて返品することになることもあります。

せっかくの指輪なのに、そんなことになっては少し悲しいですよね。そんなことにならないためにも、自分の指のサイズを知るためのアイテム『リングゲージ』を購入しておくのも良いでしょう。この記事では、自分の指のサイズを知るためのアイテム、それがなかったときにはどうすればいいのかといった方法などを紹介しています。

記事の本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップし、そこからご覧いただくこともできます!

指のサイズ測るやつは、100均に売ってる?売ってる場所は?

指のサイズ測るものを、リングゲージといいます。リングゲージで自分の指サイズを知りたいけれど、100均に売っているのでしょうか。調べてみると、リングゲージは100均には売っていません。リングゲージはさまざまな指サイズを知ることができるので、とても便利なのですが身近なお店でみたことはない人の方が多いです。指のサイズを測るリングゲージは、通販で購入した方が良いという口コミもあります。リングゲージが売っているところを調べてみると、東急ハンズや手芸店・アクセサリーパーツショップなどでは売っていることが多いそうです。また、ドンキでもリングゲージは売っていないみたいですが、アクセサリーを購入する際にリングゲージをかりることはできるみたいです。なので、もしドンキでリングを購入するとき「指サイズってどのくらいだっけ?」と思ったときは、一度かりてみると良いでしょう。

指の太さの測り方は?リングゲージの使い方

リングゲージはただ指にはめればいい、というわけではなく正しい使い方をする必要があります。まず、リングゲージは宙に浮かないよう測るようにすることが大切です。リングゲージに指を通したら、重力がかからないように置いた状態で測ります。指につった状態で計測すると、引っ張られて隙間ができて実際のサイズより緩く感じます。なので、絶対に宙に浮かないように気を付けましょう。リングをつけたら、つけ心地を確認します。指にまっすぐ通すだけではなく、リングをつけたまま握ったり開いたり、日常のしぐさで窮屈さや違和感がないかをしっかりと確認する必要があります。指の太さの測り方をしっかりと理解しておくと、せっかく指輪を買ったのになんだか緩いと感じたりきついと感じることも避けられるように、サイズを考えて購入することができるのでおすすめです。

リングゲージ代用方法は?

指輪を買いたいけど、リングゲージがないから自分のサイズがわからない場合はどうすればいいのでしょうか?リングゲージの代用品で使うものを探すのなら、自宅にあるものを活用すれば指輪のサイズを知ることができます。たとえば、糸を使う方法です。リングをはめる指の一番太いところに糸をまきます。糸が重なる部分に印を書いて、長さを測り『リングサイズ対応表』でサイズをチェックしましょう。長さで指輪のサイズを確認することができるので、糸でリングゲージがなくても指輪のサイズを知ることが可能です。また、細い紙でもサイズを知ることができます。紙にセロテープをつけて、指にはります。指に紙を巻いて紙が重なる部分に印をつけたら長さを測る、という方法です。これも糸と同じようにリングサイズ対応表で指輪のサイズをチェックすれば、指の太さを知ることができますよ。

指の平均的な太さは?恥ずかしくない?

指の平均的な太さは、女性だと8号から10号(内周で48.2ミリから50.3ミリ)です。男性は13号から18号(53.4ミリから58.6ミリ)となっています。身長や体格などによって、指の太さには違いがありますがあくまで平均は平均なので、参考程度に把握しておくと良いでしょう。「指が太いと恥ずかしい」「平均よりもサイズが大きいのってどうなの?」という人がいますが、あくまで平均です。身体が華奢な人でも指のサイズが大きめの人もいるので、指のサイズが大きいと恥ずかしいなんてことはありません。確かに16号以上になると多少太いサイズに見えるかもしれないです。たとえば、16号・17号・18号だとややどっしりとした印象、19号・20号・21号は太い印象があるといわれます。男性の指の平均サイズも参考適度にして、その場できちんとサイズを測ってから指輪を買いましょう。

指輪が似合う指になる方法!

「太い指に指輪は似合わない」「関節が目立ってせっかくのリングが不格好にみえる」など、自分の指のせいで指輪が似合わないと感じる人もいるようです。では、指輪が似合う指になるためにはいったいどうしたら良いのでしょうか。それは、自分の指の形を理解して「似合う指になる」のではなく、「似合う指輪の形」を知ることです。似合う指輪を探すときは、手の大きさや指の長さ・指の太さ・形状・肌の色などいくつかの項目を確認することが大切だといいます。たとえば『太めで短め、赤ちゃんの指みたいに可愛らしい印象』の場合は細い指輪だとかえって太くみえてしまうので避けましょう。アームの太さはノーマルからやや太めのもの、ラインがすっきりとした雰囲気のものだときれいにみえます。また、V字やウェーブなど変化のあるデザインなど動きがみえるものだと、指をほそくみせる効果を期待できます。このように、自分の指の『印象』を変えることができる指輪を探すことが大切です。指輪をもっときれいにみせたいというときは、指のむくみを取るマッサージをおすすめします。

まとめ

指輪はデザインや宝石によってまったく違う印象のものができるので、みているだけでも楽しくなってしまいますよね。デザイナーのセンスやテーマによって、同じ材料を使っていても印象の異なる見た目になるのは本当に素晴らしいです。そんな素敵な指輪をはめたいけれど、自分の指に似合うかわからない、サイズがわからないので迷ってしまうという人もいるようです。リングゲージはお酒を飲んだ翌日のむくみのある状態でも、どのサイズが自分にあっているのかを確認できるのでとても便利なアイテムだといって良いでしょう。同じ指輪でも、むくみがあると「なんで?全然入らない!」なんてこと経験はありませんか?指輪をいくつかサイズを前後して購入しておけば、そのときの状態で指にはめることができますよ。また、自分の指の形を知っておけば自分に似合う素敵なデザインの指輪をみつけやすくなるのでぜひ調べてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました