ミニマリスト夫婦の服の御用達ブランド、男性30代・40代・50代・60代におすすめ服のご紹介!!!

ファッション

ミニマリストと言う言葉を、よく聞くようになりました。

自分にとって必要のないものは持たない、必要最低限のもので暮らす人のことです。

ミニマリストは、持っている洋服も、もちろん必要最低限!

そんなミニマリストは、どんな服を選ぶのでしょうか。

気になるミニマリスト夫婦の御用達ブランドや、各年代の男性ミニマリストにおすすめの服をご紹介します!

ミニマリスト夫婦の服の御用達ブランドはどこ?

ミニマリストは、どんな服を着ているのでしょうか。

特に、二人ともミニマリストという、ミニマリスト夫婦の御用達のブランドを紹介します。

ミニマリストは、最小限だからこそ、こだわり抜いた服を選びます。

そんなミニマリストの服選びのポイントは、次の2つです。

①着回しがきき、飽きがこない、流行に左右されないシンプルなデザインであること

②質の良い服であること

身近なところでは、

無印良品

ユニクロ

この2つのブランドは、ミニマリストにとても支持されています。

男女問わず、愛用しているミニマリストがとても多くいます。

無印良品の白シャツと、ユニクロの無地Tシャツは、欠かせないアイテムです。

ミニマリストは持っている服の数が少ない分、1着を着る回数、洗う回数が多くなります。

大切に着ているとはいっても、傷みやすくなってしまいます。

身近にあり、定番のシンプルな服がいつでも買えるのは、とても高ポイントです。

他には、ZARAGUも愛用者が多いブランドです。

一方、ミニマリストは、自分の好きな服を長く着たい、良いものを着たいなど、服に対してこだわりを持っている人も少なくありません。

次は、価格は高めですが、そんなミニマリストが愛用するブランドです。

ヤエカ(YAECA)

「必然的にシンプル」なデザインをコンセプトに、とてもシンプルで着心地よく、日常的に使える服を作っているブランドです。

ユニセックスなデザインが多く、夫婦兼用もできるので、ミニマリスト夫婦にぴったりです。

\ヤエカのシャツ楽天市場でセールしてます/

↓↓↓

https://a.r10.to/hyKQ7P

A.P.C.(アーペーセー)

フランスのカジュアルブランドです。質の高いデニムと、きれいでシンプルなデザインは、ミニマリストの定番との声が多くあります。

男女とも展開しているので、二人でA.P.C.を愛用している夫婦もいます。

10YC(テンワイシー)

「10年着続けたいと思える服を」がコンセプト。

このコンセプトを聞いただけで、ミニマリストおすすめブランドということが分かります。

購入後に、有料ですが、染め替えや修理もしてもらえ、着なくなった服の下取りといったアフターフォローがしっかりあるのも、このブランドの特徴です。

TEATORA(テアトラ)

デスクワーク中心の座り仕事であるクリエイターのために、座った時の快適さを追求したブランドです。

年齢、性別、体形を問わずに着ることができ、大きめの袖をめくって着てもしっくりくるため、夫婦で兼用することができます。

雑に扱えるようにと考えられていて、長く使うことができます。

他にも、創業130年を超えるフランス生まれのカットソーブランド「セントジェームス」や、品質と価格のバランスが良い「ナノユニバース」、「ユナイテッドアローズ」を愛用するミニマリスト夫婦も多いようです。

ミニマリスト男性30代におすすめ服は?

服装に気を使う人と、使わない人がはっきり分かれるのが、30代男性です。

仕事が忙しかったり、結婚をしてたりと、若い頃ほどは、ファッションにエネルギーが向かなくなった人も、多いのではないでしょうか。

そんな30代男性には、20代にはない落ち着いた大人っぽさを引き出してくれる、シンプルな服がおすすめです。

そう、ミニマリストが求める服と、ほぼ重なるのです。

ぜひ取り入れて欲しいアイテムは、次の3点です。

・テーラードジャケット

・無地Tシャツ

・細身のデニム

テーラードジャケットは、さっと羽織るだけで、大人っぽさが出せます。

特に、オールシーズン着ることができるジャケットがおすすめです。

季節を問わず、ステキなコーディネートをすることができます。

無地のTシャツは、ミニマリストに欠かすことのできないアイテムです。

モノトーンや紺といったベーシックな色で、1枚でも着ることができる、しっかりした作りのTシャツです。

ジャケットのインナーにすること、カジュアルダウンできます。

細身のデニムは、スタイル良く見せてくれます。

30代男性ファッションには、スタイルを良く見せることが大切です。

秋冬シーズンには、コートを追加し、インナーをニットにすることで、1年通して使えるコーディネートです。

3点の他に、おすすめなのが、コットンニットのカーディガンとスウェットパーカーです。

コットンニットのカーディガンは、アウター、インナーどちらにも使え、オールシーズン着ることができます。

ジャケットの代わりに、無地Tシャツの上に羽織るだけで、大人っぽいスタイルになります。

スウェットパーカーも、スポーティなスタイルを加えるだけでなく、部屋着としても使うことができ、アウターとして、冬のインナーとして、1年中活躍してくれます。

ミニマリスト男性40代に人気の服は?

40代の男性は、仕事も忙しく家庭もあって、自分の服装にはお金も時間もかけられない、という人が最も多い年代です。

そんな40代男性のテーマは、「痛くないファッション」です。

これも実は、ミニマリストは、簡単にクリアできてしまいます。

40代のミニマリストの男性に人気の服は、次の4つです。

・無地Tシャツ

・白シャツ

・デニム

・マウンテンパーカー

どれも、とてもおすすめなアイテムです。

上の3点については、定番中の定番です。

ただ、40代になると「清潔感」が重要になります。

できるだけ、しっかりとした作りのものを選び、特に無地の白Tシャツは、絶対に下着に見えないものにしましょう。

体形が気になることもあると思いますが、デニムやシャツは、ゆったりしたものより、細身のものを選びましょう。

40代は、サイズが合っていないと、「おじさんらしさ」が出てしまいます。

40代男性の「痛い」と思われる服装とは、どのようなものでしょうか。

若い頃の服をそのまま着ていたり、その頃の感覚で、コーディネートしていませんか。

若いころのようなカジュアルは、一歩間違うと「若作り」と見えてしまうこともあります。

40代は、全体的にカジュアルが少なめのものを選びましょう。

例えば、スウェットパーカーより、マウンテンパーカーの方がきれいなIラインを作ることができ、コーディネートしやすくなります。

ただ、スウェットパーカーは部屋着にもなり、シャツに重ねたりジャケットのインナーにするなど、ミニマリストの強い味方です。

定番のブランドのものや、色を白、黒、ネイビーにしたり、ジップアップタイプにすると、上手く取り入れることができます。

秋冬ものは、アウターとして、オンにもオフにも使えるコートや、ダウンジャケットが人気です。

カーディガン派とニット派がいますが、体形に自信がないという人には、おなかがすっきり見えるニットがおすすめです。

40代男性にも、テーラードジャケットはおすすめです。

30代同様、オールシーズン使えるものを1枚持っていると便利です。

レストランに行くときなど、TPOを考えると必要になりますし、40代男性をすてきに見せてくれるアイテムです。

ミニマリスト男性50代のおしゃれにみえる服は?

50代男性のファッションのコンセプトは、「魅力的でかっこいいおじさん」です!

ここを目指すことで、逆に若々しさが出てきます。

しかし、おしゃれに自信がない、意欲がわかない人が多い年代でもあります。

そんな時は、これを着れば間違いなし!というコーディネートができる服のみにするのがおすすめです。

まさに、ミニマリストの考え方と同じです。

アウターについては、定番の次の3点です。

・ダウンジャケット

・チェスターコート

・テーラードジャケット

50代は、上質の定番アイテムを着こなすことが、おしゃれに見えるポイントです。

ジャケットは、スーツ用のものより、少しカジュアルなものがおすすめです。

着丈が少し短い、肩パットが少ない、ウエストに少し絞りのあるといったデザインがすっきりします。

トップスのおすすめは、次の4点です。

・タートルネックのトップス

・オックスフォードシャツ

・ニット

・ダークカラーのポロシャツ

50代は、あまり肌の露出が多くない服装が、好まれます。

タートルネックのトップスは、ジャケットやアウターとの相性も、とても良いアイテムです。

ニットやTシャツは、あまり襟が開いていないものを選びましょう。

オックスフォードシャツは、程よいカジュアル感が出るのでおすすめです。

どれも、ゆったりサイズのものは、清潔感がなくなります。

すっきりしたシルエットのものを選んでみて下さい。

ボトムスは黒以外の色で、ストレッチのきいた、ややスリムなパンツがおすすめです。

・グレーのウールパンツ

・チノパン

・ダメージのないデニム

全て黒やダークカラーのパンツ、という人も多いと思います。

しかし、アウターにダーク色がくることが多いので、重くなりすぎてしまいます。

上に暗い色味を、パンツには明るい色味や、さわやかな色味を入れるのがおすすめです。

50代は、「さわやかな色合わせ」、「細身のデザイン」、「清潔感」で若々しさが表現できます。

シャツとスニーカーを白くするだけでも、とてもさわやかです。

紹介したアイテムは、どれも定番のものです。

まさに、ミニマリストのクローゼットにぴったりです。

これらを組み合わせることで、十分おしゃれに見えるコーディネートができます。

ミニマリスト男性60代コーデは?

60代は、そろそろシニアとの声が聞こえる頃です。

50代までとは、「おしゃれ」なコーディネートが、大きく変わってきます。

ミニマリストの男性は、これまでモノトーンやネイビーでまとめることが、多かったことでしょう。

それで、十分おしゃれに見えてきました。

しかし、60代になると、それだけでは足りません。

少しの派手さ、遊び心、柔らかさを加えていかなければ、ただただ地味になってしまいます。

まず、色味については、モノトーンより暖色系の温かさを、取り入れでみて下さい。

パリッとしたジャケットやシャツよりも、天然素材の柔らかな雰囲気のものや、ざっくりとした手触りのもの、落ち着いた柄の入ったものがおすすめです。

ミニマリストの60代男性には、ストライプやギンガムチェックのボタンダウンのシャツがおすすめです。

面積の大きなアウターやニットに柄を入れてしまうと、見飽きてしまいます。

その点、細かいストライプやチェック柄は、定番のため飽きることは少なく、シャツであれば、程よいアクセントになってくれます。

秋冬には、ジャケットやニットのインナーとして、華やかさをプラスできます。

60代男性のミニマリストに、おすすめしたいコーディネートを紹介します。

秋冬

・アウター(コートやダウンジャケット)

・テーラードジャケット(肉厚感のある素材のもの)

・チェック柄のシャツ

・スラックス

ジャケットを、厚みのあるニットやニットジャケットにしてもおしゃれです。

シャツを柄のものにすることで、ジャケットやニットを無地にしても、地味になりすぎません。

まだ、それ程寒くない時期は、シャツにダウンベストに合わせるのもおすすめです。

春夏

・テーラードジャケット

・ストライプシャツ

・デニム

60代は、シーズンを問わず、ジャケットを持ちたいものです。

ただし、オールシーズン使えるものではなく、きちんと季節感のある素材を選びましょう。

最小限の服といっても、ジャケットは季節に合わせ、2着は欲しいところです。

Tシャツに、ストライプなど柄のシャツを羽織ることもできます。

また、60代はポロシャツもよく似合います。

こちらも全くの無地より、少しアクセントがあるとより引き立ちます。

デニムのかわりに、明るい色味のスラックスやチノパンも、柔らかな印象になりおすすめです。

無地のものや、パリッとした服が多い場合は、ネクタイやマフラーなどの小物で、柔らかさや華やかさを足してみて下さい。

まとめ

ミニマリストの持つ服は、質の良いものでなければなりません。

質のいいものを大切に愛用していくのが理想的ですね!

数が少ないからこそ、自分に似合うものや、好きなブランドをじっくり選ぶ必要があります。

ミニマリストの選ぶ服は、30代、40代、50代で、おすすめコーディネートと重なります。

年代ごとのポイントを少し意識して選べば、すてきなコーディネートの完成です。

厳選した服で、おしゃれを楽しんでみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました