※本ページはプロモーションを含みます。

朝ご飯 納豆だけで美容と健康を手に入れる!効果やレシピ、食べ方のコツを大公開

食べ物

納豆を毎朝食べている人、いませんか?

納豆はメーカーによってもいくつか種類があって、大豆が丸ごとパックになっているものや細かくカットされたひきわり納豆などもあります。

季節ごとに味を変えたり、期間限定の味付のタレを楽しむことができるよう工夫をしているメーカーもあるようです。

そんな納豆ですが、実は朝ご飯にたべるだけでダイエット効果と美容、健康を手に入れることができると知っていますか?

納豆は栄養があると知っている人はいても、美容や健康に良い食べ方やレシピなどを知っている人はそこまでいないのではないでしょう。

この記事では、納豆を毎朝食べても飽きないアレンジや食べ方のコツ、納豆の効果などを紹介していきます。「納豆の味が苦手」という人でも、このレシピなら安心して食べることができる!といったアレンジ方法を見つけられるかもしれません。

記事の本文はこの下にあります。

朝ご飯 納豆ごはんだけのダイエットは効果的?

朝ご飯を納豆ご飯だけにするダイエットは、効果があるのでしょうか?

「納豆は意外にカロリーがあるし、白米は穀物だから太る」といった噂があるようですが、それは少し違います。

適量を守り、納豆の効果をより引き出すように食べることで良い方法で食べましょう。

きちんと食べ方を守っていれば、太ることはなくむしろダイエット効果を期待することができます。

太らない食べ方は、まず『朝1パック食べる』ということです。

食べ過ぎないように、1パックだけと決めておきます。納豆ご飯が意外にカロリーが高いので、食べる量は決める!なぜ朝食べるのかというと、朝食べておけば日中の行動でカロリーを消費していくからです。

納豆ご飯のトッピングを乗せるときは、キムチやめかぶなどを選びましょう。

納豆のマグネシウムは便秘解消効果を期待できますが、キムチの乳酸菌やめかぶの水溶性食物繊維を加えることで腸内環境を整えることができるということです。

納豆の賞味期限切れ2週間って大丈夫?食べれる?

食べ物には賞味期限がありますが、納豆の賞味期限はどのくらいでしょうか?

調べてみると、納豆の賞味期限は2週間だといわれています。

ですが、納豆を買って冷蔵庫に入れて忘れていた!なんてこともありますよね。

賞味期限の2週間が切れてしまった納豆は、食べることができるのか、と考える人もいませんか?

まず、賞味期限が切れているだけなら食べることは可能です!

そもそも賞味期限とは「美味しく食べることができる、風味が落ちることなく食べられる期間」のことを指します。

身体に害はありませんが、食感はやはり多少落ちてしまうそうです。

2週間の賞味期限が過ぎていても、納豆は食べることができると言って良いでしょう。

1か月が経った納豆を食べても平気、身体になんの影響もなかったという人もいます。

ただし、これは冷蔵庫にしっかりと入れて保管しておいたことが前提です。

常温での保管では、カビが生えたりする可能性もあるので、買った後は冷蔵庫で保管しましょうね。

毎朝、納豆ご飯の飽きないレシピは?

納豆ご飯を朝食べることで、ダイエット効果を期待できることはわかりましたよね。

ですが、「毎朝納豆ご飯は飽きそう・・・」なんて考える人もいるのではないでしょうか。

朝ご飯に納豆ご飯とおみそ汁を飲んでいる、という方には『納豆みそ汁』をおすすめします。

みそ汁の具をたくさん増やせば、栄養もバランスよく摂取することができます。

納豆以外の具はどんなものでも大丈夫!自分好みで作ることができるので、いろいろと食べしてみましょう。

休日の日には、『冷しとろろ納豆うどん』を食べてみませんか?きゅうり1本・しそ5枚を細切りにしたら、大根おろしを大さじ1を用意します。

うどんを1玉用意して茹で、冷水で素早く冷やしたら器にうどんを盛ってその上に細切りにしたきゅうりとしそ、大根おろし、納豆を乗せて、お好みでちりめんじゃこを乗せます。

そして最後に麺つゆをかけたら出来上がりです!

納豆だけ食べるのはよくない?納豆と組み合わせで食べると美容や健康に良いお手軽食材は?

納豆だけでも栄養はありますが、組み合わせることでさらに美容や健康に良い食材があるそうです。

たとえば、暑い時期におすすめの組み合わせ方が『トマト』です。

『トマトと納豆の冷し素麺』は、ビタミンやβカロチンを補うことで肌を健康的にしたい人におすすめの料理です。

材料はトマト・納豆・ちりめんじゃこだけ!

それらを麺つゆに入れて混ぜ、茹でた素麺にかけて食べるだけの簡単料理なのに美肌にぴったりの組み合わせだといいます。

ほかにも、納豆にネギを加えることで美味しくビタミン吸収率をアップさせることができます。

『ねぎだくふわとろオムレツ』は、たっぷりのねぎと納豆を具材にして玉子で包んだオムレツは、食べ応えもあってお腹いっぱいになりますよ。

ねぎと納豆は直接熱を通すわけではないので、熱に弱いナットウキナーゼもしっかりと摂取することができるのがポイント!シャキシャキのねぎの香りと歯ごたえも楽しめるオムレツです。

納豆のおいしい食べ方のご紹介!

納豆は、シンプルに納豆とお醤油、またはねぎを入れて食べるのが美味しい!という人もいますよね。一時期、納豆は書き混ぜる回数が多いほど良い成分を摂取できるという噂があったようです。それは、間違いではないけれど正しくない、といった感じで、「納豆は好みの回数で十数かいでも栄養はきちんと摂取できる」との声もあるみたいです。個人的には、納豆はそのときの気分でかき混ぜてそこに小口ねぎと醤油または納豆のタレをかけて、ほんの少し辛子を入れるとアクセントになって美味しいと感じます。納豆に味噌をほんの少しだけ加えて食べたり、洋風にアレンジしたいときはバターを好みの量を加える人もいるようです。ただ、やっぱり一番人気がある食べ方は納豆に醤油またはタレをかけた食べ方みたいですね。温かいご飯によくかき混ぜた納豆をかけるだけで、十分美味しく食べることができます。

まとめ

納豆はアレンジ方法はたくさんあるので、納豆が苦手な人でも食べやすい工夫の仕方がきっとみつかります。納豆は熱に弱いナットウキナーゼを摂取できるように、あまり熱を加えないように意識しておくと良いでしょう。そのまま美味しく食べるアレンジ方法がネットにはいろいろと掲載しているサイトなどもあって、調べているだけでも「これは美味しそう!」と思った料理をみつけることが出来ました。ダイエット効果も美容、健康効果も期待ができる納豆を、毎朝納豆ご飯にして食べると確かに便利を解消できた、という体験談などもあるようです。便秘解消ができれば、肌もきれいになるし痩せやすい体質へ少しずつ変わっていく可能性があります。納豆は栄養もあってさまざまな効果を期待できるので、プラスする具によってはさらに効果アップを期待できるのがいいですね。自分好みのアレンジ方法を考えてみるのもおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました